日焼けした肌の脱毛って効果があるの?

日焼けのシーズンこそが、脱毛に気遣うべき季節。その理由は、海やプールでは可愛い水着を着こなして、スカートやパンツの丈も短めにしたいから!そんな女の子には、「肌の露出」=「脱毛完了」が常識です。

 

でも、脱毛は肌への負担が発生して然るべき。では、日焼けした肌の脱毛には効果が期待できるのでしょうか?この辺りが脱毛女子にとっては、とても気になるところですよね?そこで、日焼けした肌の脱毛について、注意すべきポイントをお教えしましょう。

 

*日焼け後にセルフ脱毛をしたいなら、まずはクールダウンが必須日焼けは軽度の火傷。たとえヒリヒリ感が皆無でも、ダメージはしっかりと受けているのです。そこで、日焼け後に脱毛をしたいという場合には、クールダウンから始めましょう。「いますぐ脱毛しなきゃ間に合わない!」というお急ぎパターンでは、保冷剤の利用がオススメです。ケーキを持ち帰った時に同梱されていた小さなものでもOK!これをハンカチなどに包んで、脱毛予定箇所に押し付けます。冷却ポイントを少しずつずらして、予定箇所全てが冷たくなり赤みが取れたら終了。また、脱毛まで何日か猶予がある場合には、ギリギリまで日焼けを落ち着かせましょう。1日に数回、化粧水で水分補給し、乳液で潤い補給を繰り返します。この場合、化粧水だけでは不十分。必ず乳液やオイル成分の高いもので、保湿までしっかりと行うのがコツです。このクールダウンを行わずして脱毛を行うと肌ストレスが倍増し、色素沈着などのトラブルを招きかねないので要注意。正常な肌ほど、確実な脱毛効果が得られ易くなるのです。

 

*日焼け後のサロン脱毛アテンション1.事前確認通常、多くのサロンは予約制度を採用していますので、予約日までに日焼けの程度を知らせ、脱毛は問題がないか確認しましょう。サロンによって脱毛方法が異なり、当然肌の負担具合も異なります。行ってみたら施術できないなんて、無駄足ですよ。2.調節依頼脱毛の多くは痛みを伴うので、加減を調節してもらうのも一案です。効果は弱まるかもしれませんが、ダメージが抑えられるので肌に優しい施術になります。脱毛は計画的に進めるとスムーズなのですが、イベントの多い季節には緊急事態が付き物。そんな時の脱毛は、焦らず無理せず遅らせて、ベストなコンディションで臨むのが最善です。

 

日焼けした肌の脱毛って効果があるの?