妊娠中って脱毛しても良いの?

「プレママになってから脱毛したいなんて、自覚が足りない証拠かな?」と悩んでいませんか?実際には、妊娠中の脱毛自体、珍しいことではありません。

 

妊娠中はモルモンのバランスが崩れ、ある日を境に毛髪がどんどん抜けてしまったり、体毛が濃くなったりと体毛コンディションの不安定は頻繁にみられる症状なのです。だから、「妊娠中に脱毛しても良い?」の問いには「良いですよ!」とお答えします。いまや子供でも痛みを感じることなく安心な脱毛が出来る時代ですから、多くの選択肢の中から適した脱毛方法を見つけることは、そう難しいことではないのです。

 

ただし、ある程度のリスクが生じるかもしれないことを頭の隅に入れておく必要はあります。では、具体的にはどのようなリスクが考えられるのでしょうか。

 

*痛みはストレス妊娠中には充分な休息と栄養の摂取を心掛けるのが鉄則。これは、ストレスのない毎日が赤ちゃんの成長にも望ましいということなのです。したがって、もし脱毛を行う際に苦痛と感じることがあるならば、継続について考える必要があると思われます。痛みや施術中の無理な体勢など、改善策が望めないような場合には、出産後の脱毛計画に変更することを考えてみましょう。

 

*健康であって正常ではないお腹の赤ちゃんも健やかに大きくなり、プレママの体調も万全。こんな状況でも、脱毛後には肌トラブルを発症することが間々あります。妊娠中は肌も敏感になっているので、通常であれば問題のないことでも、この時期だからこそ大事になってしまう場合も。赤く腫れあがったり、熱を帯びたり、最悪の場合には時間が経過しても元に戻らないというケースも報告されています。自己責任とはいえ、後悔してからでは全てが遅いのです。

 

*予測不可能な事態脱毛は発毛の周期を鑑み、計画的に行うのが効率的です。でも、妊娠中の場合には時には安静を強いられたり、少しのニオイにも敏感になって普段通りのことが出来なくなったりと、容易に状況が変わってしまいます。あくまでも「出来るときにする」くらいの気楽な脱毛計画がオススメです。妊婦だからといって、全てを躊躇する必要はありません。でも、無理は禁物!と肝に銘じてくださいね。

 

妊娠中って脱毛しても良いの?