カウンセリングだけで辞めても良いの?

最初にお答えします。サロンでカウンセリングを受けた場合、契約に至らないからという理由で非難されたり、訴えられたりするものではありません。どうぞ、安心してカウンセリングを受けましょう。

 

では、何故世の中には「強引なカウンセリングの末に契約を強要された」という実態が掴めない話しが後を絶たないのでしょうか?これには、薦められたら断れないというその人自身の性格、サロンの雰囲気に呑まれてしまったり、その場の勢いに流されてしまったり、などの事情が関係しています。カウンセリング直後に契約したのはいいけれど、冷静になった時に「なんだか料金が高すぎる気がする」「他のサロンでも話を聞けばよかったかな」と思い悩んでしまうのです。

 

このような「ちょっと押しに弱い人」に見受けられる悪癖として、人のせいにしてしまう点が挙げられます。故に、ネット上に思いの丈を打ち明けて発散する→サロンの悪評が蔓延→カウンセリングを受けたら断れない!?という過った常識が根付いてしまう結果に繋がってしまったのです。もしも、あなた自身が空気に流されてしまうタイプならば、カウンセリングの際には誰かに同行してもらうことをオススメします。そして、カウンセリング後には直ちに契約せず、「帰る」ということを最初に決めておきましょう。

 

流れとしては、1.話を聞く2.質問をして、疑問を無くす3.資料をもらう4.同行者が「契約せずに、ゆっくりと考えたほうがよい」と契約を止める5.後日の返答を伝え、帰宅このようにすれば、帰宅後にじっくりと考える猶予が生まれ、他のサロンへ足を運ぶチャンスも容易に作る事が出来るのです。実際に契約するに至った場合でも、「同行者の意見に従ったまで」という大義名分があれば、なんら後ろめたさを感じることなく通えることでしょう。

 

脱毛をすると、それまで煩っていた悩みがひとつ解決するので、見た目にも美しく、気分も晴れやかな毎日に変わります。でも、それに纏わる思い出が残念な場合には、せっかくの晴れやかさに汚点を残してしまいます。一か八かで臨むよりも、念のためと対策を講じて臨むほうが間違いはないでしょう。

 

カウンセリングだけで辞めても良いの?